組合について知りたい
設立の手続き
組合を設立するには、組合員になろうとする中小企業者4人以上が設立発起人となり、各都道府県にある中小企業団体中央会の設立指導を受けながら、組合の基本となる定款、事業計画、収支予算、設立趣意書等を作成し、創立総会の議決を経て行政庁の設立認可を受け、出資金の払込、設立の登記をすることによって組合は設立されたことになります。組合設立については、お気軽に中央会までご相談ください。