組合について知りたい
先進組合事例
やわた夢生小路商店街振興組合
※地域商業の活性化(平成21年度調査)
住民参画によるコミュニティホールの多角的事業展開
商店街の中核施設として古民家を改装した心理的癒しのスペース「コミュニティ・ホール川崎や」が住民参画型商店街という新たな切り口で街づくりに機能する

1.背景と目的
当商店街は平成7年それまでの商店街任意組織から商店街振興組合へと法人化に取り組んだ。しかしながら、郊外大型店及び活性化が進む黒壁エリアに挟まれ、中心市街地からも外れていることから、20年前にあった58の商店が18にまで減少し、商店街の体裁すらなくしてしまっていた。このように歴史的背景がきっちりしたこの街を再度活性化に向けて活動を開始しようと組織面では法人化を進め、そのコア事業として平成14年8月に商店街の中心にあり活用されていなかった古民家をコミュニティ・ホールとして再生し、商店街の各施設として機能させようとしたものである。

2.事業・活動の内容
このコミュニティ・ホール「川崎や」は、もともと商店主を含む地域住民が子供のころに慣れ親しんだ「うどん屋」が営まれていた建物であり、中高齢者にとっては心理的癒しの場所(懐かしい思い出が詰まった場所)であることから、その復活を喜ぶ多くの人たちの支持のもとに多種多様なイベントを展開するスペースとして機能している。 現在の活用内容は大きく以下の4つがある。
①ライブコンサートの定期開催:若者たちの隠れた音楽のメッカとして機能
②商店街イベントの各施設として機能:八幡宮・盆踊り、曳山祭り協賛事業、年越し蕎麦振る舞い等
③地域住民のコミュニティスペースとして機能:サークル活動やギャラリーとして活用
④街づくり等の会議スペースとして機能:街づくり関連会議の開催など
これらは街づくりをみんなで参画して進めていこうという商店街の意向から、開催者の独自運営を基本としており、商店街はこれらの活動を支援する立場をとっている。

3.成果(今後予想される成果も含む)
4つの主要事業はそれぞれ活発に行われつつあり、現在平均して毎月10回程度利用され、とくにコアイベントとなっている若者のライブコンサートは毎月2~3回程度開催され、仲間を広域から呼び込むことで隠れた音楽スポットとして人気を博している。また、「ホタルを増やそう」といった景観づくりなど直接街づくりに関連する会議が開催されるなど今後も活発な利用が期待されている。

コミュニティーホール「川崎や」
コミュニティーホール「川崎や」

ライブスペース 【滋賀県】
ライブスペース 【滋賀県】

川崎やロゴ 【滋賀県】
川崎やロゴ 【滋賀県】