地域力連携拠点事業 - 滋賀県中小企業団体中央会
HOME新着情報事業概要地域資源活用農商工等連携知的資産経営リンク集
※下のグレーの文字をクリックすると各ページへジャンプします
知的資産経営知的資産とは/なぜ、いま?/必要なワケこんな企業におすすめ支援の全体の流れ
1.知的資産とはこのようなものです
「知的資産」とは特許やブランド、ノウハウなどの「知的財産」と同義ではなく、それらを一部に含み、さ
らに組織力、人材、技術、技能、経営理念、顧客等とのネットワーク、特許、ブランドなど、財務諸表には
表れてこない目に見えにくい経営資源の総称を指します。

「知的資産」は企業の本当の価値・強みであり、企業競争力の源泉です。企業経営・活動は「知的資産」の
活用なしには成り立たないものです。

2.なぜ、いま知的資産経営なのか?
    企業が勝ち残っていくためには、差別化による競争優位の源泉を確保することが必要です。差別化を図る手
段はいろいろありますが、特に大きなコストをかけなくても身の回りにある「知的資産」を活用することに
よって、他社との差別化を継続的に実現することができます。
3.「知的資産経営」が必要なワケは?
   

「知的資産経営」は、将来に向けたチャレンジのために必要なものです。

限りある資産の最大活用
自社の「強み」や「弱み」をじっくり再評価することで、活かすべき知的資産が明らかになり、経営力の強化につなげることができます。
内部マネジメントツールとしての有効性
  社長がどんなによいアイデアを持っていても、それが社員に伝わり、共感されなければ意味がありません。
知的資産経営報告書を作成することにより、会社の方針と目標が共有され、社員の士気が高まることが期待されます。
外部ステイクホルダーへのアピール
  取引先、金融機関などの外部ステイクホルダー(関係者)に信憑性の高い評価を開示し、企業の将来性を評価してもらうことによって、取引や融資に関するプラスの影響が期待されます。